植物を持つ人

コストのかからない庭木の剪定方法をリサーチ

自分で出来る庭造り

剪定

常緑樹と落葉樹

郊外の庭付き一戸建てであれば、好きな樹木を植えてガーデニングを楽しむことも可能です。最近ではホームセンターでも樹木の取り扱いが増えていて、気になる人は覗いてみるといいでしょう。庭木となる樹木には、大きく分けて常緑樹と落葉樹があります。それぞれに性質が異なるので、植える場所と目的によってどちらが適しているか考えて選ぶようにしましょう。もし通りからの目隠しや庭の景観を重視するのであれば、常緑樹の方が適していると言えます。一方、大きな窓の近くなど、夏の日差しを遮り、冬の暖かな光を取り込みたいのであれば落葉樹が向いていると言えます。ただしどちらを選んでも、庭木は植えっぱなしにしていてはうまく育つことはありません。剪定を施すことで、大切な樹木をいつまでも元気に保つことが可能になるのです。

自ら手入れ愛着がわく

大切な庭木の剪定は、庭師などに手入れをお願いすることも方法の一つです。しかし年間を通して業者を利用することはコストもかかります。そこで、自分で簡単な剪定をすることで、費用の削減を可能にし、また自らが手入れすることでより庭木に愛着を持つことが出来るとして、剪定を含めたガーデニングが人気となっているのです。庭木の樹形は、定期的に手を入れてあげることでいつも美しく楽しむことが出来ます。剪定をし樹形を保つことは、養分や水を吸い上げる根っこの負担を減らすことになります。込み合った枝は風通しも悪くなり、害虫や病原菌の温床にもなります。庭木の剪定は、樹木を健康に保つための年間を通じたメンテナンス作業なのです。愛着のある庭木を、他人任せにせず自分で手入れできる剪定作業は、ガーデニングに興味がある人の間でも人気となっているのです。

体に気を付けて行う

草刈

体力を使う草刈りは、体に気を付けて行う必要があります。暑い時期に行うことが多いので、熱中症対策は必ずしましょう。怪我を防止するには道具の使用方法を確認し、怪我をし辛い服装にすることを心掛ける必要があります。

水を活用する

ウーマン

ガーデニングの邪魔になる雑草は水を活用することで楽々抜くことができます。雨が降った後や水を撒くことで土を柔らかくして草取りを簡単にすることできます。水を撒きすぎるとガーデニングで育てているものが駄目になってしまうことがあるので気を付けましょう。

家族みんなで庭づくり

芝生

芝張りをすると緑が眩しい庭になります。芝張りは初心者にもできるので、家族全員で芝張りをすると楽しいひと時となります。整地をするときは丁寧に石や雑草を取る必要があります。芝生は植えたばかりだと乾燥しやすいので水の管理をしっかりやしましょう。